龍馬伝 あらすじと感想

大河ドラマ「龍馬伝」のあらすじ、感想、視聴率をまためました。 主演の龍馬役の福山雅治さんや広末涼子さんなど他の出演者たちの情報・エピソードをまとめた龍馬伝レビューブログです。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

大河ドラマ「龍馬伝」

2010年の大河ドラマ「龍馬伝」が1月3日(日)にスタートします。
毎週日曜20:00-20:45(再放送は毎週土曜13:05-13:50)

幕末史の風雲児といわれた坂本龍馬の33年の生涯を
福山雅治さんが演じます。

土佐出身の田舎侍、ましてや身分の低い下士の名も無き竜馬が
様々な人を巻き込み怒濤のように動き始める時代を背景に

やがて「龍」となり世を動かして成長していく姿を、
幕末屈指の経済人といわれた岩崎弥太郎の視線から描いていく。

脚本は福田靖氏で、他にも手がけたTVドラマでは
「HERO」「CHANGE」「救命病棟24時」
「海猿」「ガリレオ」などがあります。

大学時代には、司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』を
夢中になって読み坂本龍馬への憧れが強く、
「龍馬伝」の脚本を書くことになって
とても興奮して体が震える思いをしたそうです。

現代では色々な研究で明らかにされた龍馬像を元に
新たな切り口で、今までにないイメージの坂本龍馬を
描いてくれそうなのでとても楽しみです。


チーフプロデューサーは鈴木圭氏は、龍馬は始めから
坂本龍馬だったのではなく、33年という生涯を通して
悩み、苦しみ、考えて常に前へ進化していく「昇り竜」と
捉えた人物像を考えているそうです。

そしてそのイメージ通りの人物こそが
「この人しかいない」とオファーをし続けた
福山雅治さんだったということです。


演出の大友啓史氏は、龍馬のように人を惹きつける何かを
福山雅治さんの音楽とカリスマ性から
“現代に生きる竜馬”として捉えています。

型にはまった演技ではなく、音楽を創造するように
現場で感じたものを現代に蘇る龍馬とした演出にして
作品を作り上げていきたいと語っています。


「龍馬伝」の題字は
日本人女性書道家の紫舟(ししゅう)氏が手がけています。
文字に表情・感情をのせ、書に意思を吹き込む作風が特徴。

パリコレに出品されたブランドに書を提供されたり
浜崎あゆみさんの「月に沈む」の題字も作品のひとつです。


今年は頑張って大河ドラマ「龍馬伝」を最後までみるぞ!
って張り切っていたら、突然テレビが壊れてしまった~(ToT)/~~~

まぁ、アナログだったからね・・・
デジタル開始まで持つと思ってたのに・・・

とりあえず見れたらい~か!って格安のテレビを探してみたら
ありましたよっ!ありましたっ!

19型で、何と何と¥26,000でっ! しかもデジタルで!

早速注文すると翌日には配達されてきたので
これまたびっくり!助かった~(^_^;)


応援クリックお願いしますっ!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ




| 龍馬伝 レビュー | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

龍馬伝 主題歌「リサ・ジェラルド」

龍馬伝のオープニング・テーマは大河ドラマでは初となる
海外ヴォーカリストを起用。

リサ・ジェラルド(Lisa Gerrard)
1961年生まれでオーストラリア出身の女性シンガー

女性版ハンズ・ジマーと総称されるほど、女性では珍しい
ハリウッド映画音楽界の女性コンポーザーで、
ネオ・クラシカルの歌姫でもある。
ソロ・シンガーとしても全米・ヨーロッパで活躍している。
アカデミー賞、グラミー賞の常連となっている

リサ・ジェラルド

代表作は、「グラディエーター」「ALI」「ベスト・オブ・リサ・ジェラルド」など。

龍馬伝の音楽を手掛けるのは佐藤直紀(さとうなおき)
映画「BALLAD 名もなき恋のうた」「海猿」などの音楽も手掛ける
「ALWAYS 三丁目の夕日」で、第31回日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞している。


リサ・ジェラルドが歌うオープニング・テーマを含む全20曲
壮大な青春群像劇を彩る楽曲の数々を収録している。

01 龍馬伝      2分48秒
02 残炎 3分54秒
03 クロノスの刻み 2分45秒
04 亜米利加 3分7秒
05 騒乱 3分20秒
06 告白 3分12秒
07 黒船 2分39秒
08 別道 3分48秒
09 傷跡 5分8秒
10 倒仰 1分56秒
11 夜明け前 2分31秒
12 高天 2分33秒
13 標的 3分21秒
14 刀剣 2分57秒
15 罅 1分45秒
16 謳歌 3分27秒
17 雑草魂 2分19秒
18 子供の情景 4分15秒
19 暗躍 2分7秒
20 海へ 2分26秒


♪クリックお願いします♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ



| 龍馬伝 主題歌 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

龍馬伝 出演者一覧

坂本龍馬(さかもとりょうま) …福山 雅治(ふくやま まさはる)
龍馬[幼少時代]      …濱田 龍臣(はまだ たつおみ)
坂本八平(さかもと はちへい)   …児玉 清(こだま きよし)
坂本幸 (さかもと こう)   …草刈 民代(くさかり たみよ)
坂本伊與(さかもと いよ)   …松原 智恵子(まつばら ちえこ)
坂本権平(さかもと ごんぺい)   …杉本 哲太(すぎもと てった)
兄嫁 千野(ちの)        …島崎 和歌子(しまざき わかこ)
兄の長女 姪 春猪(はるい)   …前田 敦子(まえだ あつこ)
       春猪 [幼少時代] …松元環季(まつもと たまき)
三女 乙女(おとめ)       …寺島 しのぶ(てらじま しのぶ)
   乙女[幼少時代]       …土屋太鳳(つちや たお)
乙女の夫 岡上樹庵(おかのうえ じゅあん)…温水 洋一(ぬくみず よういち)

長女 高松千鶴(たかまつ ちづる) …大鳥 れい(おおとり れい)
千鶴の息子 甥 高松太郎(たかまつ たろう)…川岡 大次郎(かわおか だいじろう)

坂本家下女(女中)
ぎん …林 侑香(はやし ゆか)
さと …三宅 ひとみ(みやけ ひとみ)
けい …渡邉 沙織(わたなべ さおり)


岩崎弥太郎(いわさき やたろう)  …香川 照之(かがわ てるゆき)
弥太郎[幼少時代]   …渡邉 甚平(わたなべ じんぺい)
岩崎弥次郎(いわさき やじろう)  …蟹江 敬三(かにえ けいぞう)
岩崎美和(いわさき みわ)     …倍賞 美津子(ばいしょう みつこ)
岩崎さき(いわさき さき)      …菊池 美香(きくち みか)
さき[幼少時代] …野口 真緒(のぐち まお)
岩崎弥之助(いわさき やのすけ) …今井 隆文(いまい たかふみ)  
  弥之助[少年時代]     …ささの友間(ささの ゆうま)      
  弥之助[幼少時代]         …須田 直樹(すだ なおき)
弥太郎の妻 岩崎喜勢(いわさき きせ) …マイコ
弥太郎の長女 岩崎春路(いわさき はるじ) …中村花奈(なかむら はな)
弥太郎の長男 岩崎久弥(いわさき ひさや) …


武市半平太(たけち はんぺいた)  …大森 南朋(おおもり なお)
半平太 [幼少時代]      …桑代 貴明(くわしろ たかあき)
武市冨 (たけち とみ)      …奥貫 薫(おくぬき かおる)
武市智 (たけち とも)   …菅井 きん(すがい きん)

平井伝八 (ひらい でんぱち) …黒沼 弘己(くろぬま ひろみ)
平井収二郎(ひらい しゅうじろう) …宮迫 博之(みやさこ ひろゆき)
平井加尾 (ひらい かお) …広末 涼子(ひろすえ りょうこ)
  加尾[幼少時代]        …八木 優希(やぎ ゆうき)

[土佐藩下士]
岡田以蔵 (おかだ いぞう) …佐藤 健(さとう たける)
沢村惣之丞(さわむら そうのじょう)…要 潤(かなめ じゅん)
島村衛吉 (しまむら えきち) …山崎 雄介(やまざき ゆうすけ)
望月清平 (もちづき せいへい) …本田 大輔(ほんだ だいすけ)
望月亀弥太(もちづき かめやた) …音尾 琢真(おとお たくま)
川原塚茂太郎(かわらづか もたろう) …原田 裕章(はらだ ひろあき)
井上正太郎(いのうえ しょうたろう) …小久保 丈二(こくぼ じょうじ)
山本琢磨(やまもと たくま)   …橋本 一郎(はしもと いちろう)
池田虎之進(いけだ とらのしん) …笠原 秀幸(かさはら ひでゆき)
池田忠治郎(いけだ ちゅうじろう) …菊池 有樹哉(きくち ゆきや)
竹山小太郎(たけやま こたろう) …姜 洪軍
大石団蔵(おおいし だんぞう) …高田 将司(たかだ まさし)
安岡嘉助(やすおか かすけ) …花川 仁教
千屋 寅之助(ちや とらのすけ) …是近 敦之(これちか あつし)
井上佐市郎(いのうえ さいちろう) …金山 一彦(かなやま かずひこ)
田山勝太郎(たやま かつたろう)   …日向 丈(ひゅうが じょう)
野上太郎    …駿河 太郎(するが たろう)
牢番 和助             …小市 慢太郎(こいち まんたろう)

溝渕広之丞(みぞぶち ひろのじょう) …ピエール瀧(ピエールたき)

近藤長次郎(こんどう ちょうじろう)…大泉 洋(おおいずみ よう)

中岡慎太郎(なかおか しんたろう) …上川 隆也(かみかわ たかや)
池内蔵太 (いけ くらた) …桐谷 健太(きりたに けんた)
那須 信吾 (なす しんご) …天野 義久(あまの よしひさ)

岡本寧浦 (おかもと ねいほ)   …ベンガル
日根野弁冶(ひねの べんじ) …若松 武史(わかまつ たけし)
河田小龍 (かわだ しょうりょう) …リリー・フランキー
ジョン万次郎(じょんまんじろう)   …トータス松本
茶道の家元 深山宗林(みやま そうりん)…大和田伸也(おおわだ しんや)

[土佐藩主・山内家]
山内豊信/容堂(やまうち とよしげ/ようどう)…近藤 正臣(こんどう まさおみ)
山内豊範(やまうち とよのり) …染谷 将太(そめたに しょうた)

[土佐藩上士]
土佐藩参政 吉田東洋(よしだ とうよう) …田中 泯 (たなか みん)
幡多郡奉行 後藤象二郎(ごとう しょうじろう)…青木 崇高 (あおき むねたか)
後藤象二郎の秘書 岡本健三郎(おかもと けんざぶろう)…岡田 正(おかだ ただし)
後藤象二郎の下男 …宮沢 大地(みやざわ だいち)
御側御用役 森下又平(もりした またべい) …松澤 一之(まつざわ かずゆき)
山本忠兵衛(やまもと ちゅうべい) …上杉 祥三(うえすぎ しょうぞう)
柴田備後(しばた びんご) …北見 敏之 (きたみ としゆき)
山田広衛(やまだ ひろえ)  …世古 陽丸(せこ たかまる)
益永繁斎(ますなが はんさい) …蜂須賀 智隆(はちすか ともたか)
柏原綱道(かしわばら つなみち) …団 時朗(だん じろう)
柏原唯八(かしわばら ただはち) …高島 大幹
小塚広衛(こつか ひろえ) …谷川 昭一郎
大月主税(おおつき ちから) …モロ 師岡(もろ もろおか)
高柳重先(たかやなぎ しげみつ)…佐藤 旭(さとう あきら)
遠山清三郎(とおやま せいざぶろう)…坂西 良太(さかにし りょうた)
本山辰右衛門(もとやま たつえもん)…長谷川 公彦(はせがわ きみひこ)
前原惣兵衛(まえばら そうべえ) …藤重 政孝 (ふじしげ まさたか)
橋本助佐(はしもと すけざ) …島村 勝 (しまむら まさる)
大草駒之助(おおくさ こまのすけ)…門野 翔
西脇勇太郎(にしわき ゆうたろう)…内舛 聖矢(うちます せいや)
宇賀喜久馬(うが きくま) …田村 健太郎(たむら けんたろう)
山脇重吉(やまわき じゅうきち) …高橋 光臣(たかはし みつおみ)
馬淵市之助(まぶち いちのすけ) …森 一馬(もり かずま)
石川石之助(いしかわ いしのすけ)…白井 圭太(しらい けいた)
寺村左膳(てらむらさぜん) …浦野REN(うらの れん)
佐々木高行(ささきたかゆき) …吉見 一豊(よしみ かずとよ)
高橋七右衛門(たかはししちえもん) …二階堂 智(にかいどう さとし)
森田晋三(もりたしんぞう) …井上 恭太(いのうえ きょうた)
島村勇次郎(しまむら ゆうじろう) …廻 飛呂男(めぐり ひろお)
田所安吉(たどころ やすきち)  …久保山 知洋(くぼやま ともひろ)
 …奥田 達士(おくだ たつひと)
弥太郎通詞 …吉田 眞(よしだ まこと)


[薩摩藩士]
薩摩藩主 島津久先(しまづ ひさみつ) …有福 正志(ありふく まさし)
薩摩藩家老 小松帯刃(こまつ たてわき)…滝藤 賢一(たきとう けんいち)
西郷吉之助(隆盛) (さいごう きちのすけ・たかもり)…高橋 克実(たかはし かつみ)
大久保利通(おおくぼとしみち)…及川 光博(おいかわ みつひろ)
樺山三円(かばやま さんえん) …山崎 画大(やまざき がくだい)
高崎正風(たかさき まさかぜ)…脇 知弘(わき ともひろ)
吉井幸輔(よしい こうすけ) …及川 いぞう(おいかわ いぞう)
大山彦八(おおやま ひこはち)…西田 聖志郎(にしだ せいしろう)
薩摩藩医 木原奏雲(きはらたいうん) …花王おさむ(かおう おさむ)


[長州藩士]
長州藩主 毛利敬親(もうり たかちか) …一岡 裕人(いちおか ゆうと)
吉田 松陰(よしだ しょういん)   …生瀬 勝久(なませ かつひさ)
久坂玄瑞(くさか げんずい)   …やべきょうすけ
桂小五郎 (かつら こごろう) 木戸貫治(きど かんじ) …谷原 章介(たにはら しょうすけ)
金子重之輔(かねこ しげのすけ) …尾関 伸嗣(おぜき しんじ)
佐々木男也(ささき おとや)  …佐藤 滋(さとう しげる)
来島又兵衛(きじま またべえ) …角田 信朗(かくだ のぶあき)
吉田稔磨(よしだ としまろ)…松本 実(まつもと みのる)
高杉晋作(たかすぎ しんさく)   …伊勢谷友介(いせや ゆうすけ)
井上聞多(いのうえ もんた)    …加藤虎之介(かとう とらのすけ)
三吉慎蔵(みよし しんぞう)    …筧利夫(かけい としお)
伊藤俊輔(いとう しゅんすけ)   …尾上寛之(おのうえ ひろゆき)
(後の伊藤博文[内閣総理大臣])



[越前藩]
第16代越前福井藩主 松平 春嶽(まつだいら しゅんがく)…夏八木 勲(なつやぎ いさお)
家老 北村兵衛(きたむら ひょうえ)…祖父江 進(そぶえ すすむ)
三岡八郎(みおかはちろう) …中川家 礼二(なかがわけ れいじ)

[会津藩士]
京都守護職 松平容保(まつだいら かたもり) …長谷川 朝晴(はせがわ ともはる)

[久留米藩士]
真木和泉(まき いずみ) …利重 剛(りじゅう ごう)

[水戸藩士]
住谷寅之助(すみや とらのすけ)…松原 正隆(まつばら まさたか)

[熊本藩士]
横井小楠(よこい しょうなん)…山崎 一(やまざき はじめ)

[宇和島藩主]
伊達宗城(だて むねなり) …陰山泰()

[熊本藩士]
宮部鼎蔵(みやべ ていぞう)…小西 博之(こにし ひろゆき)

[大州藩士]
井上将作(いのうえしょうさく)…岡本 信人(おかもと のぶと)
…大森 嘉之(おおもり よしゆき)

[紀州藩]
勘定奉行 茂田一次郎(しげたいちじろう)…中尾 彬(なかお あきら)
岡本覚十郎(おかもとかくじゅうろう) …齋藤 歩(さいとう あゆむ)
福田熊輔(ふくだくますけ) …土平ドンペイ(つちひら どんぺい)
長尾元右衛門(ながお もとえもん)  …中山 峻(なかやま しゅん)
中谷秀助(なかたに しゅうすけ) …寺井 文孝(てらい ふみたか)
明光丸の船長 高柳楠之助(たかやなぎくすのすけ) …福井 晋(ふくい しん)


[勝塾・海軍操練所の仲間]
紀州藩士 陸奥 陽之助[宗光](むつ ようのすけ) …平岡 祐太(ひらおか ゆうた)
土佐脱藩浪士 中島作太郎(なかじま さくたろう)  谷口翔太(たにぐち しょうた)
土佐脱藩浪士 新宮馬之助(しんぐう うまのすけ)  松村良太(まつむら りょうた)
仙台藩士 高橋椎乃丞(たかはし しいのじょう) 高橋光宏
盛岡藩士 竹蔦太郎(たけつた たろう) 眼鏡太郎
日暮弥衛門(ひぐらし やえもん) 日暮玩具
姫路藩士 山本勝蔵(やまもと かつぞう) 山本勧
鳥取藩士 川口平九郎(かわぐち へいくろう) 川口覚
川畑(かわばた) 川畑和雄


[江戸幕府]
第13代将軍 徳川家定 (とくがわ いえさだ) …小須田 康人(こすだ やすと)
第14代将軍 徳川家茂(とくがわ いえもち)…中村 隼人(なかむら はやと)
第15代将軍 徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)…田中 哲司(たなか てつし)

大老 井伊直弼 (いい なおすけ) …松井 範雄 (まつい のりお)

老中首座
阿部伊勢守正弘(あべいせのかみまさひろ) 阿部正弘(あべ まさひろ)…升 毅 (ます たけし)

老中 板倉勝静(いたくら かつきよ) …斉木しげる(さいき しげる)

下総国関藩主
老中(攘夷派) 久世広周(くぜ ひろちか)…川渕 良和 (かわぶち よしかず)

信濃上田藩主
老中(開国派) 松平忠優(まつだいら ただます)…山口 眞司 (やまぐち しんじ)

三河西尾藩主。
老中(開国派) 松平乗全(まつだいら のりやす)…潮 哲也 (うしお てつや)

越後長岡藩主
老中(非戦派) 牧野忠雅(まきの ただまさ)…田口 主将 (たぐち かずまさ)

下総佐倉藩主
老中(開国派) 堀田正睦(ほったまさよし)…

老中 水野忠精(みずの ただきよ) …若杉宏二(わかすぎ こうじ)

幕府若年寄格 永井玄蕃頭(ながいげんばのかみ)…石橋 蓮司(いしばし れんじ)

勝海舟 (かつ かいしゅう) …武田 鉄矢(たけだ てつや)

勝塾塾頭 佐藤与之助(さとうよのすけ) …有薗 芳記(ありぞの よしき)

勘定奉行 小栗忠順(おぐり ただまさ)…齋藤洋介(さいとう ようすけ)

[京都見廻組]
与力頭 今井信郎(いまい のぶお) …市川 亀治郎(いちかわ かめじろう)
組頭  佐々木只三郎(ささきたださぶろう) …中村 達也(なかむら たつや)
渡辺篤(わたなべあつし)      …SION(シオン)

[京・新撰組]
近藤勇(こんどう いさみ)     …原田 泰造(はらだ たいぞう)
土方歳三(ひじかた としぞう)   …松田 悟志(まつだ さとし)
沖田総司(おきた そうじ)     …栩原 楽人(とちはら らくと)


[朝廷]
孝明天皇(こうめいてんのう ) …阿部 翔平(あべ しょうへい)
関白 九条尚忠(くじょうひさただ)  …大森啓祠郎(おおもり けいしろう)
関白 二条斉敬(にじょう なりゆき)  …河本タダオ(こうもと ただお)
公家 三条実美(さんじょう さねとみ) …池内 万作(いけうち まんさく)



<江戸>
千葉定吉 (ちば さだきち) …里見 浩太朗(さとみ こうたろう)
千葉重太郎(ちば じゅうたろう) …渡辺 いっけい(わたなべ いっけい)
千葉佐那 (ちば さな) …貫地谷 しほり(かんじや しほり)
遊女 志乃 (しの) …及川 奈央(おいかわ なお)
黒田吉蔵(くろだ よしぞう)…坂田 直貴(さかた なおき)
野上清吉(のがみ せいきち)…駿河 太郎(するが たろう)
田山勝太郎(たやま かつたろう)…日向 丈(ひゅうが じょう)


<京・伏見>
楢崎龍[お龍](ならさき りょう[おりょう]) …真木 よう子(まき ようこ)
お龍の母 貞(さだ) …大西 多摩恵(おおにし たまえ)
宿屋「扇岩」の主人 竹蔵 …諏訪太郎(すわ たろう)
妻 せい …宮地雅子(みやじ まさこ)
船宿「寺田屋」女将 登勢(とせ)    …草刈 民代(くさかり たみよ)
岡田以蔵の恋人 飯屋の娘 なつ …臼田 あさ美(うすだ あさみ)

近江屋主人 井口新助(いぐちしんすけ)  …東根作 寿英(とねさく としひで)
近江屋女将 井口スミ(いぐちすみ)  …星野 真里(ほしの まり)
近江屋倅  井口新之助(いぐちしんのすけ) …武田 勝斗(たけだ かつと)
龍馬の世話役 菊屋峯吉(きくや みねきち)…大和田 健介(おおわだ けんすけ)

京の町人 …ビビる大木

<大阪>
長次郎の妻 お徳(おとく)     …酒井 若菜(さかい わかな)


<長崎>
長崎 花街・丸山の料亭 『引田屋(ひけたや)』
女将 …山村 美智(やまむら みち)
芸子 お元(おもと) …蒼井 優(あおい ゆう)
芸子 タネ …福永 マリカ(ふくなが まりか)
置屋の女主人 …岡林 桂子(おかばやし けいこ)

長崎奉行 幕臣 朝比奈昌広(あさひな まさひろ)…石橋凌(いしばし りょう)
長崎奉行所役人 岩堀文治郎(いわほり ぶんじろう) …松尾貴史(まつお たかし)

豪商 小曽根乾堂(こぞね けんどう) …本田 博太郎(ほんだ ひろたろう)
乾堂の弟 小曽根英四郎(こぞね えいしろう)…杉山 彦々(すぎやま ひこひこ)
商人 大浦 慶(おおうら けい) …余 貴美子(よ きみこ)
商人 岩瀬幸右衛門(いわせ こうえもん) …福田 信昭(ふくだ のぶあき)
商人 枡屋虎吉(ますや とらきち) …酒向 芳(さこう よし)
稲吉(いねきち) …藤木 勇人(ふじき はやと)

蘭学者・写真家 上野彦馬(うえの ひこま)…テリー伊藤(てりーいとう)
イギリス商人 トーマス・ブレーク・グラバー …ティム・ウェラード
イギリス商人 ウィリアム・オールト …ジェフリー・ロウ



アメリカ海軍東インド艦隊指令長官
マシュー・カルブレイス・ペリー …ティモシー・ハリス

アメリカ海軍東インド艦隊副官 
J・コンティ             …ジンボ

オランダ語通訳 ポートマン      …デニス・ゾーメルハウス
士官 …ブレイク・クロフォード
士官                 …トム・メレスキー

アメリカ総領事 タウンゼント・ハリス …ランディー・ゴインズ
アメリカ公使 ロバート・プリュイン …イアン・ムーア

フランス公使 ロッシュ  …ピーター・フランクル

オランダ公使 ポルスブルック  …リチャード・ヴァン・ローイ
オランダ人通訳 ヘンリック・ヒュースケン …ダニエル・ヴァンワースム

英国海軍提督 ヘンリー・ケッペル …マーク・マードック
イギリス公使 オールコック  …ダニエル・フォーリー
イギリス公使 ハリー・パークス …ジェフ・ワスティラー
イギリス公使代理 ニール …マダム・マカン
イギリス通訳 アーネスト・サトウ …パトリック・ハーラン
イギリス船長  …クリス・ドゥ・モンタルト




第1話 明治15年(1882年)の登場人物
坂崎紫瀾 (さかざき しらん)   …浜田 学(はまだ まなぶ)
近藤 廉平(こんどう れんぺい) …児島 一哉(こじま かずや)

第二話「大器晩成?」の登場人物
高瀬村の農民 源三(げんぞう) …上田 耕一(うえだ こういち)
猪俣村の農民 留吉(とめきち) …小浜 正寛(こはま まさひろ)
久万川周辺の農民 しず     …黒石 えりか(くろいし えりか)
しずの娘     たえ     …松浦 愛弓(まつうらあゆ)

第3話「偽手形の旅」の登場人物
浦賀奉行 井戸弘道(いど ひろみち)…阪田 マサノブ(さかた まさのぶ)
浦賀奉行所与力 香山栄左衛門(かやま えいざえもん)…内海 修宏(うつみ のぶひろ)
浦賀奉行所副奉行 中島三郎助(なかじま さぶろうすけ)…佐伯 新(さえき あらた)
通詞 堀達之助(ほり たつのすけ) …ヨシダ 朝(よしだ あさひ)
御側御用役(おそばごようやく) …亀井 詩響

第6話「松蔭はどこだ?」の登場人物
米問屋 多賀屋久右衛門       …逢坂じゅん
幕府応接掛筆頭 林大学頭      …永田耕一
応接掛               …かなやす慶行
為五郎(子役)            …高橋晃
鶴吉(子役)             …島綾佑

第8話「弥太郎の涙」の登場人物
庄屋 島田便右衛門         …日野 陽仁
柳川克五郎             …つまみ枝豆
門番                …古川 健

第9話「命の値段」の登場人物
牢屋の老人             …志賀 廣太郎(しが こうたろう)
桃井道場門人 田那村作八(たなむら さくはち)…吉増 裕士(よします ゆうじ)
商人 佐州屋金蔵(さしゅうや きんぞう)  …剣持 直明(けんもち なおあき)
土佐藩上士 戸川信次郎(とがわ しんじろう)…萬 雅之(よろず まさゆき)
土佐藩上士 瀧井耕輔(たきいこうすけ)   …小林 博(こばやし ひろし)
土佐藩留守居役 藤崎主税(ふじさき ちから)…加山 到(かやま いたる)

第12話「暗殺指令」の登場人物
万屋[京の商人] …並樹 史郎(なみき しろう)
三条家の女中 志乃(しの) …森口 彩乃(もりぐち あやの)

第18話「海軍を作ろう!」の登場人物
京都守護職 松平容保(まつだいら かたもり) …長谷川 朝晴(はせがわ ともはる)

第19話 「攘夷決行」 の登場人物
幕府外国奉行 柴田剛中(しばた たけなか) …青山 伊津美(あおやま いづみ)

第26話 「西郷吉之助」 の登場人物
行商人 蛭子能収(えびす よしかず)

第32話「狙われた龍馬」の登場人物
山男 武者博知

第39話 「馬関の奇跡」の登場人物
中国商人 桜金造(さくら きんぞう)

第40話 「清風亭の対決」の登場人物
高杉晋作の愛妾 うの …中村 ゆり(なかむら ゆり)

第41話 「さらば高杉晋作」の登場人物
百姓 八十田 勇一(やそだ ゆういち)
下関の豪商 伊藤助太夫 …矢嶋 俊作(やじま しゅんさく)

第42話 「いろは丸事件」の登場人物
幇間(太鼓持ち) …悠字玄亭玉八(ゆうげんてい たまはち)
海援隊宿泊地 枡屋主人 …河田 義市(かわだ ぎいち)
川邊左右夫 …石井 洋祐(いしい ようすけ)

第43話 「船中八策」の登場人物
相撲部屋の料理番 藤吉(とうきち) …久保 孝真(くぼ たかまさ)

第45話 「龍馬の休日」の登場人物
屋敷の主人 伊藤助太夫(いとうすけだゆう)…矢嶋 俊作(やじま しゅんさく)



♪クリックお願いします♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ




| 龍馬伝 出演者 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

龍馬伝 視聴率一覧

NHK大河ドラマ「龍馬伝」の視聴率

年間平均視聴率:18.72%



1月3日の「上士と下士」初回視聴率は23・2%

昨年の大河ドラマ「天地人」の初回視聴率は24.7%
少し下回ったみたいですね。
それでも2000年以降では5番目の高さです。
出だしとしては、まずまず好調だと思います。

今回は、珍獣ハンター イモトでおなじみの
「世界の果てまでイッテQ!」のスペシャルがかぶっていたのも
視聴率に影響したのかも!?
世界の果てまでイッテQ!1月3日視聴率

“大河ドラマの視聴率がアップすると株価も上昇する傾向にある”
そうなんで、是非視聴率をUPして景気回復につながれば
坂本龍馬も現代の経済にも貢献できて喜ぶのではないでしょうか。


1月10日の第2回目「大器晩成?」の視聴率は21.0%

初回よりも低くなってしまいましたね。
でもさすが龍馬の出身、高知は高視聴率みたいです。
番組中の最高視聴率は、高知が午後8時44分に44.7%!
さすが故郷の龍馬の人気はスゴイです。


1月17日の第3回目「偽手形の旅」の視聴率は22.6%

あっ!少しUPしました~


1月24日の第4回目「江戸の鬼小町」の視聴率は23.4%

1月31日の第5回目「黒船と剣」の視聴率は24.4%

2月7日の第6回目「松蔭はどこだ?」の視聴率は22.6%

2月14日の第7回目「遥かなるヌーヨーカ」の視聴率は20.2%

2月21日の第8回目「弥太郎の涙」の視聴率は22.3%

2月28日の第9回目「命の値段」の視聴率は21.0%

3月7日の第10回目「引き裂かれた愛」の視聴率は20.4%

3月14日の第11回目「土佐沸騰」の視聴率は21.4%

3月21日の第12回目「暗殺指令」の視聴率は17.7%

3月28日の第13回目「さらば土佐よ」の視聴率は18.8%

4月4日の第14回目「お尋ね者龍馬」の視聴率は18.5%

4月11日の第15回目「ふたりの京」の視聴率は18.4%

4月18日の第16回目「勝麟太郎」の視聴率は21.9%

4月25日の第17回目「怪物、容堂」の視聴率は21.8%

5月2日の第18回目「海軍を作ろう!」の視聴率は18.4%

5月9日の第19回目「攘夷決行」の視聴率は19.0%

5月16日の第20回目「収二郎、無念」の視聴率は20.4%

5月23日の第21回目「故郷の友よ」の視聴率は20.0%

5月30日の第22回目「龍という女」の視聴率は19.5%

6月 6日の第23回目「池田屋に走れ」の視聴率は19.2%

6月13日の第24回目「愛の蛍」の視聴率は20.1%

6月20日の第25回目「寺田屋の母」の視聴率は20.3%

6月27日の第26回目「西郷吉之助」の視聴率は17.9%

7月 4日の第27回目「龍馬の大芝居」の視聴率は17.3%

7月11日の第28回目「武市の夢」の視聴率は17.0%

7月18日の第29回目「新天地、長崎」の視聴率は15.8%

7月25日の第30回目「龍馬の秘策」の視聴率は17.9%

8月 1日の第31回目「西郷はまだか」の視聴率は16.0%

8月 8日の第32回目「狙われた龍馬」の視聴率は16.7%

8月15日の第33回目「亀山社中の大仕事」の視聴率は13.7%

8月22日の第34回目「侍、長次郎」の視聴率は16.3%

8月29日の第35回目「薩長同盟ぜよ」の視聴率は15.4%

9月 5日の第36回目「寺田屋騒動」の視聴率は16.8%

9月12日の第37回目「龍馬の妻」の視聴率は17.6%

9月19日の第38回目「霧島の誓い」の視聴率は15.8%

9月26日の第39回目「馬関の奇跡」の視聴率は13.7%

10月 3日の第40回目「清風亭の対決」の視聴率は14.3%

10月10日の第41回目「さらば高杉晋作」の視聴率は16.3%

10月17日の第42回目「いろは丸事件」の視聴率は16.1%

10月24日の第43回目「船中八策」の視聴率は18.0%

10月31日の第44回目「雨の逃亡者」の視聴率は16.2%

11月 7日の第45回目「龍馬の休日」の視聴率は15.3%

11月14日の第46回目「土佐の大勝負」の視聴率は15.7%

11月21日の第47回目「大政奉還」の視聴率は17.6%

11月28日の第48回目「龍の魂」(最終回)の視聴率は21.3%


♪クリックお願いします♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ


| 龍馬伝 視聴率 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

龍馬伝 福山雅治ポスター

龍馬伝 画像 福山雅治 全身 ポスター

龍馬伝 画像 福山雅治 上身 ポスター

| 龍馬伝 画像 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

福山雅治と出演者の画像

天地人から龍馬伝

龍馬と加尾

龍馬と仲間



| 龍馬伝 画像 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

龍馬伝 ロケ地

第1回 「上士と下士」のロケ地
・岩手県遠野市
・広島県福山市
・山梨県南巨摩郡身延町「身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)」

第2回 「大器晩成?」のロケ地
・岩手県奥州市
・広島県福山市

第3回 「偽手形の旅」のロケ地
・広島県福山市
・静岡県河津市
・茨城県つくばみらい市
・茨城県石岡市
・岩手県奥州市
・岩手県大船市

第4回 「江戸の鬼小町」のロケ地
・茨城県つくばみらい市
・広島県福山市
・静岡県下田市

第5回 「黒船と剣」のロケ地
・茨城県つくばみらい市
・静岡県下田市
・長崎県佐世保市ハウステンボス町「ハウステンボス」

第6回 「松蔭はどこだ?」のロケ地
・広島県福山市
・茨城県つくばみらい市
・茨城県みらい市
・静岡県下田市

第7回 「遥かなるヌーヨーカ」のロケ地
・高知県高知市
・広島県福山市
・岩手県奥州市
・岩手県遠野市
・茨城県高萩市

第8回 「弥太郎の涙」のロケ地
・高知県高知市
・広島県福山市
・静岡県河津町
・岩手県奥州市
・岩手県遠野市
・茨城県つくばみらい市
・茨城県常総市

第9回「命の値段」のロケ地
・茨城県つくばみらい市

第10回 「引き裂かれた愛」のロケ地
・茨城県つくばみらい市
・高知県高知市

第11回 「土佐沸騰」のロケ地
・茨城県高萩市
・茨城県つくばみらい市

第12回 「暗殺指令」のロケ地
・茨城県つくばみらい市
・茨城県常総市

第13回 「さらば土佐よ」のロケ地
・高知県高知市
・茨城県つくばみらい市

第14回 「お尋ね者龍馬」のロケ地
・高知県高知市
・茨城県高萩市
・茨城県つくばみらい市

第15回 「ふたりの京」のロケ地
・茨城県高萩市
・茨城県つくばみらい市

第16回 「勝麟太郎」のロケ地
・長崎県大村市
・長崎県佐世保市ハウステンボス町「ハウステンボス」
・茨城県つくばみらい市
・航海訓練所

第17回 「怪物、容堂」のロケ地
・長崎県大村市
・長崎県佐世保市ハウステンボス町「ハウステンボス」
・茨城県つくばみらい市
・航海訓練所

第18回 「海軍を作ろう!」のロケ地
・長崎県大村市
・長崎県佐世保市ハウステンボス町「ハウステンボス」
・茨城県つくばみらい市
・航海訓練所

第19回 「攘夷決行」のロケ地

第20回 「収二郎、無念」のロケ地

第21回 「故郷の友よ」のロケ地
・茨城県つくばみらい市

第22回 「龍という女」のロケ地
・茨城県つくばみらい市

第23回 「池田屋に走れ」のロケ地
・茨城県つくばみらい市
・神奈川県三浦市
・長崎県大村市
・航海訓練所
・長崎県佐世保市ハウステンボス町「ハウステンボス」

第24回 「愛の蛍」のロケ地
・茨城県つくばみらい市

第25回 「寺田屋の母」のロケ地
・茨城県つくばみらい市
・神奈川県三浦市

第26回 「西郷吉之助」のロケ地
・茨城県つくばみらい市
・神奈川県三浦市
・長崎県長崎市
・長崎県大村市
・航海訓練所
・長崎県佐世保市ハウステンボス町「ハウステンボス」

第27回 「龍馬の大芝居」のロケ地
・茨城県つくばみらい市
・長崎県長崎市

第28回 「武市の夢」のロケ地
・茨城県つくばみらい市
・神奈川県三浦市
・埼玉県坂戸市

第29回 「新天地、長崎」のロケ地
・長崎県長崎市
・長崎県大村市
・崇福寺
・グラバー園
・長崎青年協会
・長崎検番

第30回 「龍馬の秘策」のロケ地
・長崎県長崎市
・長崎県大村市
・グラバー園
・大浦天主堂
・長崎青年協会
・長崎検番

第31回 「西郷はまだか」のロケ地
・長崎県長崎市
・長崎県大村市
・長崎県佐世保市
・大浦天主堂
・ハウステンボス
・長崎青年協会
・長崎検番

第32回 「狙われた龍馬」のロケ地

第33回 「亀山社中の大仕事」のロケ地
・長崎県佐世保市
・長崎青年協会
・長崎検番

第34回 「侍、長次郎」のロケ地
・ハウステンボス

第35回 「薩長同盟ぜよ」のロケ地

第36回 「寺田屋騒動」のロケ地

第37回 「龍馬の妻」のロケ地
・ハウステンボス
・長崎検番

第38回 「霧島の誓い」のロケ地
・鹿児島県霧島市
・鹿児島県鹿児島市
・鹿児島県姶良市
・神奈川県三浦市

第39回 「馬関の奇跡」のロケ地
・神奈川県三浦市

第39回 「馬関の奇跡」のロケ地
・神奈川県三浦市

第40回 「清風亭の対決」のロケ地
・神奈川県三浦市

第41回 「さらば高杉晋作」のロケ地
・神奈川県三浦市

第42回 「いろは丸事件」のロケ地
・神奈川県三浦市

第44回 「雨の逃亡者」のロケ地
・神奈川県三浦市

第45回 「龍馬の休日」のロケ地
・茨城県高萩市

第46回 「土佐の大勝負」のロケ地
・茨城県高萩市

第47回 「大政奉還」のロケ地
・茨城県高萩市

第48回 「龍の魂」のロケ地
・茨城県高萩市
・ハウステンボス


♪クリックお願いします♪
人気ブログランキングへ にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

| 龍馬伝 ロケ地 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

大河ドラマ「龍馬伝」 あらすじ一覧

【第一部】SEASON1 RYOMA THE DREAMER
第 1回 「上士と下士」(幼少期)   (1/3 放送)
第 1回 「上士と下士」(青年期) (1/3 放送)
第 2回 「大器晩成?」    (1/10放送)
第 3回 「偽手形の旅」    (1/17放送)
第 4回 「江戸の鬼小町」   (1/24放送)
第 5回 「黒船と剣」    (1/31放送)
第 6回 「松蔭はどこだ?」  (2/7放送)
第 7回 「遥かなるヌーヨーカ」 (2/14放送)
第 8回 「弥太郎の涙」     (2/21放送)
第 9回 「命の値段」      (2/28放送)
第10回 「引き裂かれた愛」   (3/7放送)
第11回 「土佐沸騰」      (3/14放送)
第12回 「暗殺指令」      (3/21放送)
第13回 「さらば土佐よ」    (3/28放送)

【第二部】SEASON2 RYOMA THE ADVENTURER
第14回 「お尋ね者龍馬」    (4/4放送)
第15回 「ふたりの京」     (4/11放送)
第16回 「勝麟太郎」     (4/18放送)
第17回 「怪物、容堂」    (4/25放送)
第18回 「海軍を作ろう!」  (5/2放送)
第19回 「攘夷決行」     (5/9放送)
第20回 「収二郎、無念」   (5/16放送)
第21回 「故郷の友よ」    (5/23放送)
第22回 「龍という女」    (5/30放送)
第23回 「池田屋に走れ」   (6/6放送)
第24回 「愛の蛍」      (6/13放送)
第25回 「寺田屋の母」    (6/20放送)
第26回 「西郷吉之助」    (6/27放送)
第27回 「龍馬の大芝居」    (7/4放送)
第28回 「武市の夢」      (7/11放送)

【第三部】SEASON3 RYOMA THE NAVIGATOR
第29回 「新天地、長崎」    (7/18放送)
第30回 「龍馬の秘策」     (7/25放送)
第31回 「西郷はまだか」    (8/1放送)
第32回 「狙われた龍馬」     (8/8放送)
第33回 「亀山社中の大仕事」 (8/15放送)
第34回 「侍、長次郎」     (8/22放送)
第35回 「薩長同盟ぜよ」    (8/29放送)
第36回 「寺田屋騒動」     (9/5放送)
第37回 「龍馬の妻」      (9/12放送)
第38回 「霧島の誓い」     (9/19放送)

【第四部】FINAL SEASON RYOMA THE HOPE
第39回 「馬関の奇跡」     (9/26放送)
第40回 「清風亭の対決」    (10/3放送)
第41回 「さらば高杉晋作」  (10/10放送)
第42回 「いろは丸事件」   (10/17放送)
第43回 「船中八策」     (10/24放送)
第44回 「雨の逃亡者」  (10/31放送)
第45回 「龍馬の休日」     (11/7放送)
第46回 「土佐の大勝負」   (11/14放送)
第47回 「大政奉還」     (11/21放送)
第48回 「龍の魂」(最終回)  (11/28放送)

| 龍馬伝 あらすじ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

大河ドラマ「龍馬伝」 感想一覧

【第一部】SEASON1 RYOMA THE DREAMER
第 1回 「上士と下士」       (1/3 放送)
第 2回 「大器晩成?」    (1/10放送)
第 3回 「偽手形の旅」    (1/17放送)
第 4回 「江戸の鬼小町」   (1/24放送)
第 5回 「黒船と剣」    (1/31放送)
第 6回 「松蔭はどこだ?」  (2/7放送)
第 7回 「遥かなるヌーヨーカ」 (2/14放送)
第 8回 「弥太郎の涙」     (2/21放送)
第 9回 「命の値段」      (2/28放送)
第10回 「引き裂かれた愛」   (3/7放送)
第11回 「土佐沸騰」      (3/14放送)
第12回 「暗殺指令」      (3/21放送)
第13回 「さらば土佐よ」    (3/28放送)

【第二部】SEASON2 RYOMA THE ADVENTURER
第14回 「お尋ね者龍馬」    (4/4放送)
第15回 「ふたりの京」     (4/11放送)
第16回 「勝麟太郎」     (4/18放送)
第17回 「怪物、容堂」    (4/25放送)
第18回 「海軍を作ろう!」  (5/2放送)
第19回 「攘夷決行」     (5/9放送)
第20回 「収二郎、無念」   (5/16放送)
第21回 「故郷の友よ」    (5/23放送)
第22回 「龍という女」    (5/30放送)
第23回 「池田屋に走れ」   (6/6放送)
第24回 「愛の蛍」      (6/13放送)
第25回 「寺田屋の母」    (6/20放送)
第26回 「西郷吉之助」    (6/27放送)
第27回 「龍馬の大芝居」    (7/4放送)
第28回 「武市の夢」      (7/11放送)

【第三部】SEASON3 RYOMA THE NAVIGATOR
第29回 「新天地、長崎」    (7/18放送)
第30回 「龍馬の秘策」     (7/25放送)
第31回 「西郷はまだか」    (8/1放送)
第32回 「狙われた龍馬」     (8/8放送)
第33回 「亀山社中の大仕事」 (8/15放送)
第34回 「侍、長次郎」     (8/22放送)
第35回 「薩長同盟ぜよ」    (8/29放送)
第36回 「寺田屋騒動」     (9/5放送)
第37回 「龍馬の妻」      (9/12放送)
第38回 「霧島の誓い」     (9/19放送)

【第四部】FINAL SEASON RYOMA THE HOPE
第39回 「馬関の奇跡」     (9/26放送)
第40回 「清風亭の対決」    (10/3放送)
第41回 「さらば高杉晋作」  (10/10放送)
第42回 「いろは丸事件」   (10/17放送)
第43回 「船中八策」     (10/24放送)
第44回 「雨の逃亡者」  (10/31放送)
第45回 「龍馬の休日」     (11/7放送)
第46回 「土佐の大勝負」   (11/14放送)
第47回 「大政奉還」     (11/21放送)
第48回 「龍の魂」」(最終回) (11/28放送)

| 龍馬伝 レビュー | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

龍馬伝 第48回(最終回) 感想

龍馬が誕生日に暗殺されたことは全く知らなかったです! ('◇'*)

龍馬がやってのけた奇跡ともいえる偉業は
この世に生を受けた時からの宿命だったのでは!? o(≧~≦)o

なんだか運命みたいなものを感じてしまいます (*'o'*)



一説では龍馬は○○○には将軍 徳川慶喜を入れようとしていた
といわれていますが・・・真相は謎のままです (;'~')

一つ確かなことは、自分は新政府には入る気がなかったことは
龍馬が自分の名前は書いていなかったことから伺え知れます

坂本龍馬という人物が本当はどんな人だったのかは分からないですが
このことからも一切の私心なく純粋に大きな “ 志 ” が
龍馬を突き動かしていたんだと思います ('▽'*)



龍馬と運命を共にすることとなった中岡慎太郎もまた
熱い “ 志 ” を持って時代を変えようとした一人です (o^―^o)

薩摩を憎んでいる長州を説得するために
身の危険を顧みず奔走する中岡は覚悟の詩を詠んでいます (`・д・´;)

≪中国の漢詩を現代意訳≫

 故郷を捨ててすでに三年

 家も知識も財産も求めず

 ただ国の為に報いたいと願ってきた

 仲間が大勢死んだとき

 私も共に死ぬべきだったのに

 いまだ死んでいない

 このまま無駄に生き続けること

 それは恥である




【鳥かごに入らぬ翔天の鶴 海陸を合わせ “ 翔天隊 ” 】

龍馬の “ 海援隊 ” と中岡の “ 陸援隊 ” を合体させた部隊です。

鳥かごには入らず天を翔けるという意味が二人を象徴していますね (〃'▽'〃)



龍馬と中岡は盟友でありながら全く正反対の性格をしていたようです。

武市半平太の妻 富が後に2人の印象を語っています。

柿を出しますと中岡様はうやうやしく「いただきます」と行儀良く食べ
最後は「ご馳走にあずかりました」と丁寧にお礼をしたそうです。(^-^)

一方、坂本様は種を吐き出しながらムシャムシャ召し上がりました。(^口^;)


また2人を知る元土佐藩士の政治家 板垣退助は後にこう語っています。

「中岡はもし生きていれば、西郷隆盛や木戸孝充と肩を並べる政治家に
 坂本は岩崎弥太郎のように実業家方面に発展していたはずだ」



金も後ろ盾も権力もない土佐で虐げられていた下士で
ましてや脱藩浪人の二人が成し遂げた偉業・・・

二ヵ月後には明治という新しい日本の姿を
一緒に迎えることができたはずなのに・・・ (>_<。)


慶応3年(1867) 11月15日 夜8時頃 京都 河原町 『 近江屋 』
で龍馬と中岡慎太郎は刺客に襲撃されます ヽ(;゚〇゚)ノ

龍馬は即死で、中岡は二日後の11月17日に息を引き取ります。
坂本龍馬33歳、中岡慎太郎30歳という若さでした (>_<)

旧暦11月15日は、現在で言うと12月中旬ぐらいということなので
龍馬の誕生日も現在でいうと12月ということになりますね (*^。^*)


暗殺者については京都見廻組が定説となっているようですが
実際のところ謎が多く、真相は未だ謎に包まれたままです (*・_・*)



暗殺の舞台となった近江屋は現在は現存せず 『 近江屋跡 』 として
【坂本龍馬・中岡慎太郎 遭難の地】という石碑が立ててあるだけです (;´□`;)

残念ですね・・・そのままで残っていたら
とても歴史的に貴重な建物になっていたことでしょうね (≧∩≦)


中岡慎太郎の命日となった11月17日 夜八時頃に
京 東山に二人の遺骸は埋葬されました (>_<。)

葬儀を執り行ったのは海援隊・陸援隊の隊士たちで
手には提灯を懐にはピストルを忍ばせ襲撃に備えたそうです (`・ω・´)

こうして二人は故郷の土佐から遠く離れた
京都の地で永遠に眠ることになりました (U_U。)



坂本龍馬・中岡慎太郎の墓が並んで建てられてある
『京都霊山護国神社』では11月15日に大正5年から毎年続けられてきた
“ 坂本龍馬・中岡慎太郎 墓前祭 ” 通称“ 龍馬祭 ”が催されています。

軍鶏鍋の仕度が出来る前に襲撃されたといわれ
最期に食べたかった軍鶏鍋を墓前に供えて供養するという行事です。

この軍鶏鍋は二人の故郷 土佐から京都へ毎年届けられ
軍鶏は中岡の故郷 北川村から届けられています (*^.^*)





『龍馬伝』のドラマでは絶対に外せない
弥太郎のキャラが最終回でも全開でした~ \(≧▽≦)丿

本当は龍馬のことが好きで好きでたまらない思いが
龍馬伝での弥太郎らしく描かれていました (*'-'*)

事実とは異なるストーリーだとは分かっていても
龍馬を助けようと必死になっている弥太郎を見ていると
胸に込み上げるものがありました (>д<。 o)。o


長崎時代の岩崎弥太郎の日記には

≪龍馬と酒を酌み交わして心ゆくまで話し合い
 自分の思いを披露すると龍馬は手を打って同意した≫

というようなことが書かれてあります。

ドラマのような関係ではなかったにしろ
実際にも龍馬とはとても親密にしていたようです (*^ー ^*)


龍馬が暗殺されたことを知った時 (ノ;'◇')ノ
実際の岩崎弥太郎はどんな思いだったのでしょう・・・ 。。ヘ(。≧O≦)ノ



新しい時代の流れを捉えた弥太郎は明治に入り“総合商社 三菱”を創業し
東京都千代田区丸の内に日本初のオフィスビルを建てて
新しい時代の流れを捉え次々と事業を拡大していきました (`┏д┓´)

ドラマでは金の亡者的な描かれ方をされていた弥太郎ですが
社員を慰労するために作った 『 清澄庭園 』 や弥太郎の屋敷は
関東大震災の際には開放され多くの人々の命を救ったそうです (*^▽^*)

会社だけではなく、国や国民のために仕事をしなけらばならない
と社員に訓辞したという弥太郎、龍馬の志を受け継ぐ思いが伝わります (*´v`*)


明治18年 弥太郎は満50年の波乱万丈の生涯を終えました。
葬儀に参列した人は3万人という桁外れのものだったといいます \(*゚◇゚*)/



幕末という動乱の中で現在に至る日本の未来を切り開いたのは
坂本龍馬や中岡慎太郎、岩崎弥太郎のような
低い身分の金もコネも無い若者たちだったのですね (*'o'*)

後に有名となった龍馬たちだけでなく、この時代にはもっともっと多くの
“ 志 ”を持った名も無き若者たちが時代を動かしたのだと思います (*´ー`*)


これが今からたった143年前に実際に起こった出来事なんですね・・・ (*μ_μ)

新しい時代の扉が開いて143年経った今・・・

龍馬はどんな思いで自分たちが切り開いた

未来を見ているのでしょうか・・・ (*'-'*)


(^0^)/ クリックしてね~
龍馬伝ランキング にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

龍馬伝 第48回 「龍の魂」(最終回) あらすじへ→

| 龍馬伝 レビュー | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。