龍馬伝 あらすじと感想

大河ドラマ「龍馬伝」のあらすじ、感想、視聴率をまためました。 主演の龍馬役の福山雅治さんや広末涼子さんなど他の出演者たちの情報・エピソードをまとめた龍馬伝レビューブログです。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

龍馬伝 第2回 感想

今回は龍馬が堤防の工事の指揮をとるシーンがメインでした。

喧嘩する百姓達を、龍馬の熱い想いでみんなの心を1つにする。
今の時代でもありそ~なシュチュエーションですね。

現代なら上に立つものが偉そうに
役職や権力で下を押さえつけることが多いと思います。

でも龍馬のように、平気で下の者にも頭を下げ、感謝する心を持って
人の心を動かせる人がどれだけいてるでしょうか。

くさいシーンだけど、色々と考えさせられる場面ではないでしょうか。

ところで今回の弥太郎のシーンは笑えるというよりは
ちょっとあまりにも不憫でかわいそ~

同じ下士でも何の苦労もせんと江戸へ行きたい
ゆー奴もおるのにとぼやきながら
弥太郎はあまりの貧しさのため、大切な本を売ろうとしている。

おまんのとりえは学問じゃ。本だけは売ったらいかん。
と母の美和(倍賞 美津子)が床下から壷を取り出すと
中にはたくさんの小銭が。

おっ母!と感激する弥太郎。

ある日、父の弥次郎が酔っ払って帰ってきた。
弥太郎はすぐに壷を確認しに行くと、なんと壷の中は空っぽ・・・

弥太郎(香川照之)画像

弥太郎が博打で全部使ってしまったのだ。

ワシも武士のはしくれと、する気もないのに切腹しようと
刀を抜く父に、やめー!と叫ぶ弥太郎。

あっっそ!とゴロリと横になって、おまけにブッゥ~っと
きょーれつな屁を一発!

みじめ過ぎる・・・


(^0^)/ クリックしてね~
龍馬伝ランキング にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ


龍馬伝 第2回 「大器晩成?」あらすじへ→
第3回 「偽手形の旅」感想へ→

| 龍馬伝 レビュー | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。