龍馬伝 あらすじと感想

大河ドラマ「龍馬伝」のあらすじ、感想、視聴率をまためました。 主演の龍馬役の福山雅治さんや広末涼子さんなど他の出演者たちの情報・エピソードをまとめた龍馬伝レビューブログです。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

龍馬伝 第3回 感想

いよいよ龍馬も江戸へ行くことになりましたね~。
土佐の話で10回は使うのかと思ってたけど
案外早い展開なのでよかった。

その当時は土佐から江戸までは歩いて30日!
いくつもの険しい山を越え、川を渡り、岩を超え
時には命にかかわることもある旅だったそうです。

関所は今でいうと空港の入国審査みたいなもので
通行手形がパスポートみたいなものですね。

弥太郎は偽造パスポートを作ったようなものです。
見つかったら命がないかもしれないのにすごい根性です。

今回の弥太郎もいい味出してましたが
加尾と龍馬のシーンも切なかったですね。

龍馬が江戸から無事に戻ってこられますようにと
神社で祈る加尾。

そこへ旅の無事を祈りにきた龍馬とばったり。
縁談の話を聞かれ、話を進めてもらっていると答える加尾。

加尾(広末涼子)画像


「加尾。ワシはおまんが好きや」「えっっ!」と驚く加尾。

「けんど、おまんをおなごとして見ちゅーがか、
 妹のように見ちゅうだけがか自分でもよう分からん」

上げといて下げる龍馬(^_^;)

「それに、今ワシは世の中のこと知りたいがじゃ
 自分が何をなすために生まれてきたがかを江戸で探さんといかん」

「私が今、手を合わせちょたがわ良い縁談を
 ありがとうございますゆーて、お礼をゆーちょったが」

「そうか」

「ほんなら元気で」

「加尾もな」

立ち去る加尾。

「これでえーがじゃ・・・」
加尾の後姿を見つめながらつぶやく龍馬・・・

龍馬(福山雅治)画像

龍馬が江戸へ向けて出発する日

橋の上から龍馬を見送る加尾。加尾は深くお辞儀をする。
龍馬もお辞儀をする。同行人の溝渕にせかされ行ってしまう。

去ってゆく龍馬を見つめ、一筋の涙が頬をつたう。

そして加尾は、縁談を断るよう兄に頭を下げた。


もし龍馬と加尾が深く愛しあっていたら
そのまま結婚して龍馬は土佐から出ることなく
平凡な人生を送っていたのかもしれませんね。


(^0^)/ クリックしてね~
龍馬伝ランキング にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ


龍馬伝 第3回「偽手形の旅」あらすじへ→
第4回 「江戸の鬼小町」感想へ→

| 龍馬伝 レビュー | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。