龍馬伝 あらすじと感想

大河ドラマ「龍馬伝」のあらすじ、感想、視聴率をまためました。 主演の龍馬役の福山雅治さんや広末涼子さんなど他の出演者たちの情報・エピソードをまとめた龍馬伝レビューブログです。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

龍馬伝 第17回 あらすじ

第17回 「怪物、容堂」    (4/25放送)


咸臨丸で出合ったジョン万次郎(トータス松本)から、アメリカの大統領は国民から選挙で
選ばれて国民が国の行く道を決めると聞かされ驚く龍馬。

勝 龍馬 万次郎

そして、勝麟太郎の弟子になった龍馬は日本の海軍を作るために奔走し始めた。
江戸 田原藩邸、佐賀藩邸、鳥取藩邸と各藩に勝麟太郎と共に
新しい海軍操練所に訓練生を差し出すよう願い申し出ていた。

勝麟太郎の考えこそが自分の思っていた攘夷そのものと言う龍馬に
佐那はそんな凄い人の弟子になれて良かったと微笑む。

神戸村に作られる海軍操練所の訓練生を集めるため今度は大阪へ向かうという竜馬。
もう江戸には戻らないと聞き、涙を堪える佐那。



大阪への出発を明日に控え、今日は土佐藩に行くという勝に困惑する龍馬。
下士にとっては雲の上の存在である、土佐藩主 山内容堂に初めて会うことになった。

勝と容堂が酒を交わしながら海軍操練所の話をしている後ろで待つ龍馬。
そして勝は後ろで待つ龍馬とは言わず、土佐を脱藩した弟子を許すようお願いするが
脱藩は藩の裏切り、すなわち自分への裏切り行為を許すわけにはいかないと言う。

容堂

今度作る海軍操練所は各藩の藩士でなければ入れないことになるかもしれないので
その前に脱藩の罪を許してもらおうと思っていたが無理だったと謝る勝。



江戸から京に戻った武市半平太と三条実美。
将軍 徳川家茂の代わりに上洛する一橋慶喜の前に出られるように、
自分の身分を引き上げるよう、藩に働きかけを願い申し出る武市。

武市のおかげで土佐藩士は一目置かれる存在になったと
土佐勤皇党の下士たちが先斗町の芸者たちと盛り上がっている。

酒に酔った望月亀弥太が、武市ばっかり出世してと文句を言い出し
以蔵とつかみ合いになる。部屋を出て行こうとする以蔵に向かって
「お前は何と呼ばれてるか知ってるか? 人斬り以蔵!」と叫ばれ顔色が変わる以蔵。

小雪が舞う中、また人を斬る以蔵。

「わしは・・・いつまで人を斬りよう・・・」と武市の後姿につぶやく以蔵。
振り返る武市の顔を見て、「いえ、何ちゃあありません」と慌てて部屋を出る以蔵。

以蔵は飯屋の娘 なつ(臼田あさ美)と付き合っていた。
土佐藩には帰らずに、なつの家に度々泊まっていた。

夜中に「うわー!わしゃあ、斬りとうて斬るわけじゃないぜよー!」
と飛び起きる以蔵に驚くなつ。
「わしゃあ、武市先生のために・・・」と、なつの胸で泣く以蔵。

以蔵 なつ



ため息をつく武市に、たまには女遊びで息抜きでもと言う収二郎。
京の女は性に会わんと武市が答えると、京でも京の女は性に合わんと言っていたと
収二郎に言われ、もうそんな話はやめと笑う武市。

土佐に残してきた富の元に武市からの手紙が届く。
風邪などひいてないか?半年も寂しい思いをさせてすまない。
攘夷が実行できる日も近いので、もうすぐ帰れるからと妻を気遣う文。
そして、手紙には富の似顔絵を描いた扇子が同封されていた。

その手紙を乙女に見せると、日本のことも、妻のことも考えて立派だと褒める乙女。
しかし富は、偉くなると大変なことに巻き込まれるんじゃないかと不安を隠せない様子。

乙女 富




大阪へ向けて出発する日、千葉道場では最後の挨拶をする龍馬。
重太郎は千葉道場と佐那の為に戻ってきてくれと懇願する。
坂本には坂本の行き方がある、これは誰も邪魔することは出来ないと言う定吉。

「父上のおっしゃる通りです。
 坂本さんの選んだ道は日本を守ることなのですから」と佐那。

「坂本、お前は前へ、前へ、前へ進まねばならん。
 しかし、これは試練だぞ。時として己自身に鞭を打たねばならんこともあるだろう。
 志したからには成し遂げろ。世の中がひっくり返るような大仕事を成し遂げるんだ」

「はいっ!」と力強く答える龍馬。

そして最後に佐那と立ち合いたいとお願いする竜馬。
手加減なしで真剣に剣を交える二人。
「有難うございます。お佐那様に教わった剣はわしの宝ですきっ」

防具を取った佐那の目からは涙が溢れている。
「本当に強くなられましたね。
 いざという時は、きっとその腕があなたを守ってくれることでしょう」

「お佐那様・・・お佐那様のことは生涯忘れませんき!有難うございました」
と涙を堪え唇を震わせる龍馬。

龍馬が出て行った道場で、これからは剣一筋に生きていくと誓う佐那。
心配しなくても大丈夫、龍馬はここにいると龍馬の名札を見ながら言う佐那。

佐那


千葉道場の門を出て一礼する龍馬。

「もうええがですか?」と声を掛けられ振り向くと、旅姿の長次郎。
「勝先生がお待ちですき!」と微笑む長次郎。


幕府艦船「順動丸」に乗って大海原に出る龍馬。
船の上で海風にあたりながら両腕を組み立っている。


岩崎弥太郎が語る。
龍馬が旅に出るがは、これで何度目じゃのう?
旅をするたんびに、あいつは大きゅうなっていったがじゃ。
けんど、大阪に向かう竜馬の胸中は希望だけがあったわけではなかったはずじゃ。


龍馬は山内容堂に会った日のことを思い出している。
容堂は武市のことを良く思っておらず、土佐では下士は犬猫同然。
下士の分際で藩を動かすなど、ムシズが走る!と勝に話している。

「武市はわしの支えじゃった吉田東洋を闇討ちにした。
 そんな輩を許してもええと思うか。おんしっ!!」と龍馬に聞く容堂。

龍馬

張り詰める空気の中、龍馬は答えた。

「恐れながら、武市半平太殿が作られた土佐勤皇党は・・・
 御好誼の命によりご謹慎となられた大殿様をお救い申し上げることを
 大儀の一つに掲げておったそうです。
 
 武市殿は一切の私心なく、ただ、ただ、大殿様に
 忠義を尽くされているのではないでしょうか」


「よ~お、知っちゅうのう~。まるで土佐者のようじゃ!」と不気味な笑顔の容堂。


岩崎弥太郎が語る。
まっこと容堂は恐ろしい男じゃった。けんどそのころ武市半平太は・・・


上士に取立てられていた。このことは江戸にいる容堂も了承済みだという。

武市

「大殿様が・・・有難うございます!」と感無量の武市。


「上り坂もここまでじゃ・・・武市」と不気味な表情の容堂。


☆ランキングに参加しています☆
よろしければ♪クリックお願いします♪
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 人気ブログランキングへ


第17回 「怪物、容堂」レビューへ→
第18回 「海軍を作ろう!」あらすじへ→

| 龍馬伝 あらすじ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。