龍馬伝 あらすじと感想

大河ドラマ「龍馬伝」のあらすじ、感想、視聴率をまためました。 主演の龍馬役の福山雅治さんや広末涼子さんなど他の出演者たちの情報・エピソードをまとめた龍馬伝レビューブログです。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

龍馬伝 第20回 あらすじ

第20回 「収二郎、無念」   (5/16放送)

大阪 専称寺の勝塾で航海術の勉学に励む龍馬を訪ねて権平がやってきたが
入れ違いで龍馬は勝麟太郎に会いに京へ出かけた後だった。

龍馬を連れ戻しにきたではと心配する長次郎たち。
龍馬が戻ってくるのを待つ間、自分たちと一緒に学びませんかと権平を誘う。
結局、皆に混じって訓練に参加することになった権平。

勝塾


京にいる勝と会って話す龍馬。全くこの国はどうなっているんだ。
みんなバラバラと幕府の姑息なやり方を嘆く勝。

物事には2つの見方がある。見る方向によってはまるで違ったものに見えると言う勝に
収二郎が投獄されたので何とかして助ける方法はないかと相談する龍馬。

龍馬

でも東洋を暗殺したのは武市だから武市が悪いと言う勝に
武市は藩の為にやったことだから悪くないと言う龍馬。

では東洋が悪いと思うのか?と聞かれた龍馬は、いや悪くないと答える。
それもまた、こっちから見るのと、こっちから見るのでは
違ったものに見えるってことと説き伏せられる。


そんなことよりも勝塾が危ないと言う勝に驚く龍馬。
幕府からの予算が削られて資金が底を着くと言う。

頼みは越前の松平春嶽と言う。ひとっ走り行って千両もの大金を引っ張り出してこい
と軽く言う勝に「ええっ!」っと困る龍馬。


勝塾に龍馬からの手紙が届き、資金調達の為に松平春嶽に会いに行くと書いてある。
塾生たちと権平は心配するが、きっと龍馬なら借りてくることが出来ると盛り上がる。


福井城に訪れた龍馬は、日本の為、海軍の為に援助してほしいと松平春嶽に頼む。
以前、千葉道場の重太郎に紹介されて訪ねてきて
勝麟太郎を紹介してほしいと頼みにきた龍馬のことを春嶽は覚えていた。

しかし当家も色々と物入りで、千両出すのはなかなか厳しいという春嶽に

「千両が大金じゃゆうことは重々分かっちょります。」
 けんど、わしら勝塾はその金を必ずや生き金にしてみせますき」と言う龍馬。

「生き金?」

「死に金は物と引き換えに支払うだけの金。
 けんど生き金は使うたもん以上のもんが何倍にも何十倍にもなって返ってくる金」

「なるほど。お前はわしの千両を生き金にしてみせるという訳か」

「私は勝先生から教えてもらいました。物事には全く違う見え方があると
 攘夷も正しかったがか、間違うちょったがか、見方によってまるで違うがです」

 今、土佐では大殿様の為にあればぁー働いた者らが
 次から次へと何人も何人も牢に入れられちゅうがです。

 どおいてそおいうことになるがか・・・わしは・・・わしは納得できんがです!
 はっ!これはとんだご無礼をっ!勝手にペラペラペラペラとっ」

「んふっふっふっ。なかなか面白いのう。こいつは」と横を見る。

春嶽の隣でポリポリお菓子を食べながらずっと話を聞いていた
熊本藩士 横井小楠(山崎 一)は「はい」と答える。
とても優れているので越前に招いたと龍馬に紹介する春嶽。

横井小楠


「分かった。千両出そう。その代わりわしに約束せい坂本。
 この千両必ず生き金にすると」

「お約束しますきっ!春嶽様にあっぱれと喜んでもらえる生き金にして見せますき!」
 有難うございます!と喜ぶ龍馬。

「ばってん、一つよかでしょうか?」と春嶽を見る横井小楠。

「お前は~デモクラチイゆう言葉を知っとるとか?」

「はっ?」

「イギリスの言葉で、より多くの民の考えば国の政に生かす仕組みのこったい」
 アメリカも、こんデモクラチイの仕組みばとっとるたい」

「それは・・・プレジデント、民が決めるゆうがもデモクラチイですろうか?」

「おおっ~!そっ、そうたい~」と春嶽と顔を見合わせて笑う小楠。

「良く知っておるなぁ」と微笑む春嶽。

「時代が変われば人の考えも、物の値打ちも、当~然っ変わる。」

「その通りじゃと思います。はいっ」

「では、物事には違う見え方があると分かっておって、平井収二郎が投獄されたことは
 納得できんちゅうことは・・・ハッ おかしな話たい」

「はっ?!」

「今まで値打ちのあったもんが・・・古びて用無しになったちだけのこったい。
 世の流れば作っとるとは人間ばってん。
 世の中の流れから見れば一人の人間など、芥子粒ほどのもんでしかなか。
 平井収二郎も、武市半平太もな・・・」

困惑した表情で何も言えない龍馬。






坂本家の縁側に座っている弥太郎。
「相変わらず女子だらけじゃのうこの家は~」

弥太郎 坂本家

「今日は何の御用ですろうか弥太郎さん」
伊與、乙女、千野、春猪がうちわで扇ぎながら弥太郎の相手をしている。

弥太郎が泣きついてきたので仕入金を立て替えた材木がさっぱり売れないからと
何故かその材木を買ってくれと言ってきた弥太郎に皆は呆れ果てた顔。

しかも、「1本金5文目のところ4文目にもう負けちゃる」と図々しいことを言う。

「どいてそれをうちが買わんといかん!」と相手にされない弥太郎は

「ちっとも売れんがじゃき!金が無い金が無いと誰も買うてくれんがじゃき!」

と挙句の果てに逆切れする弥太郎。






山内容堂に会いにきた武市の目の前に現れたのは吉田東洋の甥の後藤象二郎だった。
収二郎がしでかしたことは私利私欲ではなく
大殿様の為、藩の為にやったことと弁明する武市。

武市 象二郎

しかし今回は別件でも問い詰めていることがあるという象二郎。
それは吉田東洋を暗殺したのは誰かと。

その瞬間目つきが変わった武市は、吉田様は時世を読む力が無かった。
あのまま政が続いていたら土佐藩は攘夷の動きから取り残され狼狽するだけだったと
言う武市に「何ぃ?黙れー!!」と叫ぶ象二郎。

叔父である東洋を殺したのは土佐勤皇党だと思っている。
平井の心配をする前に、己のことを心配しろと吐き捨てて出て行く象二郎。



東洋に足蹴にされたことを思い出しながら
「東洋は死んで当然じゃき。わしらは間違うちょらん」とつぶやく武市。

加尾に会う武市。収二郎は何も悪いことはしていないから心配しなくていいと言う武市に
なら何故、投獄された?と聞かれ、大殿様は勘違いをしているだけだ。
勤皇党は何も悪いことはしていないと答える武市。

加尾

でも京では以蔵さんに大勢の人を斬らせたでしょと淡々という加尾に
それは反攘夷派の悪い奴だから幕府や土佐の重役だろうが天誅が下るという武市。
そして収二郎はわしが絶対助けてやると言う武市。




体を縄で縛られて吊るされた収二郎は激しい拷問にあっていたが、
東洋暗殺は武市かと聞かれても絶対に口を割らない収二郎だった。

収二郎

気絶するほどの拷問を受けても知らぬ存ぜぬを通す収二郎に業を煮やす象二郎。
どうするかのう~と不気味な笑みを浮かべる容堂。

山内容堂

そこへ武市が容堂への面会を希望しにやってきた。
東洋を暗殺したのは収二郎ではない。勤皇党は大殿様に忠義を尽くしてきただけと
収二郎の赦免を容堂に訴える武市。

「そうか・・・もうやめちゃれー後藤」

「ハアッ?」

「これ以上あの男を責め立てても仕方ないがじゃ」

「大殿様ぁ」と武市。 「大殿様!!」と象二郎。

「藩に断りなく朝廷に取り入った、その罪で裁くだけじゃき」

絶句する武市。




牢の中に入り瀕死の状態で横たわる収二郎を見て、収二郎・・・と手を握る武市。
気が付いた収二郎に「よう耐えた。よう耐えてくれた」と涙ながらにいう武市。

「何言われるがですか先生。わしゃあほんまに知らんがです。
 誰が吉田東洋を殺したがか。」

「収二郎・・・」

「ほんじゃき、我慢らしちょりません」と微笑む収二郎。

「おまんはもう・・・おまんはもう・・・
 いたぶられることはない。もうないっ」と必死に泣くのを堪えて言う武市。

「わしゃ許されたがですろうか? うちに帰れるがですか?」

「ううっ」と咽び泣く武市に「どういたがですろうか?」と収二郎。

「大殿様は・・・おまんが朝廷に取り入ったことだけを咎められた。
 大殿様は・・・おまんに・・切腹を命じられたがじゃ」

「せ・・・切腹・・・」

「ううっ・・・す・・・すまんっ収二郎。全てワシのせいじゃ。
 わしが勤皇党を作ったから・・・
 おまんを誘わんかったらこんなことにはならんかったぜよ。
 許してくれ収二郎」と泣きながら詫びる武市。

「何を言われるがですか先生。土佐勤皇党が無かったら、わしはどうなっちょったか。
 武市先生に付いていったき攘夷の旗頭になれたです。帝の遣いにもなれたがです。
 まるで夢のようじゃったぁ」

「先生などと呼ばんとってくれぇ・・・呼ばんでええ」

「切腹は武士の誉れですろ。有難き幸せ・・・
 加尾に伝えてつかわさい。兄は・・・間違っちょらんと・・・
 兄は幸せじゃったと!」と泣く収二郎。

収二郎を抱きしめて泣く武市。






皆に混じって訓練に励む権平の前に龍馬が戻ってきた。久しぶりの再会に喜ぶ龍馬。
権平は脱藩の罪を許された龍馬を連れ戻しに来たと言うがやっぱりもういいと言う。

自分にはこの海軍がどんなものかまだよく分からないが、皆が一生懸命なのは伝わった。
土佐に戻るのはいつでもいい、おまんは自分の決めた道を進んでいきやと言う権平。

側で見守る長次郎と惣之丞も顔を見合わせて安心する。

「ただ・・・乙女に手紙を書く時は、わしはおまんに戻って来いと言うたと書いてくれ。
 今~家で男はわし一人じゃきの、みんなに責められたら太刀打できんきにの」と笑う。

「有難うございます。有難うございます兄上。
 十年後、十年後には必ず、堂々と土佐に戻って帰れる男になってますき。必ず」

龍馬 権平

「体にだけは気をつけや龍馬。決して道半ばで命を落としたらいかんっ!」

「はい。はいっ!!」と涙を堪えて力強く返事する龍馬。






権平が土佐に戻ってしばらくたってから龍馬の元に1通の手紙が届いた。
加尾からの手紙だった。


『昨日、兄の平井収二郎が切腹しました。

 兄は最後まで侍らしゅう立派に死んでいったと武市さんから伺いました。

 武市さんは、兄はなんちゃあ間違うたことはしておらん。
 
 そうやき父上も母上も私も兄を誇りに思うてええがやと言って下さいました。

 けんど私にはどういても分かりません。間違うたことをしておらんがやったら

 兄上はどういて切腹させられたがですろ?教えとうせ龍馬さん。教えて・・・』


手紙を読み終わった龍馬は遠くを見つめ、うっすら涙を浮かべた。
「その通りじゃ・・・その通りじゃ!加尾!
 こんな理不尽が・・・まかり通ってええがかっ!!」


横井小楠が言った台詞が頭の中に蘇る。

“ 今まで値打ちのあったもんが・・・古びて用無しになったちだけのこったい ”

「人の命とは・・・人の命ゆうがはそんなもんだがかっ!」

“ 世の中の流れから見れば一人の人間など、芥子粒ほどのもんでしかなか ”

手紙を握り締め、その場にしゃがみ込み、ウワアァ~! ウワアアア~! と叫ぶ龍馬。


☆ランキングに参加しています☆
よろしければ♪クリックお願いします♪
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ 人気ブログランキングへ

第20回 「収二郎、無念」レビューへ→
第21回 「故郷の友よ」あらすじへ→

| 龍馬伝 あらすじ | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。