龍馬伝 あらすじと感想

大河ドラマ「龍馬伝」のあらすじ、感想、視聴率をまためました。 主演の龍馬役の福山雅治さんや広末涼子さんなど他の出演者たちの情報・エピソードをまとめた龍馬伝レビューブログです。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

龍馬伝 第30回 感想

土佐で材木の商いが順調に行き始めた弥太郎は、
高知城下に引っ越せるほどの身分になっていました(^▽^*)♪

やっと弥太郎にも人並みの生活が出来るようになりました~(≧ε≦*)♪


「戻ったぞ~」と機嫌よく帰ってきた弥太郎を喜勢と春路が迎える。

「今日もよう売れたぞ~ア~ハハッハ~」と笑顔で銭を見せる弥太郎。

「え~子にしちょったかえ春路~」と娘の春路を抱きかかえ部屋に入る弥太郎。


「うわ~やっぱり新居はえ~のお~ホッホッ♪ けんど喜勢あれじゃのう、
 もっと金を稼いでもっとでっかい家におまんと春路を住まわしちゃる~」

ア~ハハハ♪ アア~♪ と手を口に当て感無量になる弥太郎。

「こんなことが言えるようになるとは・・・」
と涙ぐみ、喜勢と春路と手を繋ぎ輪になって座り

「親子水入らずで幸せに暮らすがじゃ、なぁ」と弥太郎。

「親子水入らず」と微笑む喜勢。

「親子~水入らずじゃ~ アッハッハ~」とうなずく弥太郎。

弥太郎 喜勢


そこへブツブツ学問の本を読みながら部屋へ入ってくる弥之助(今井隆文)。

「お帰りなさいませ兄上」と呑気に言う弥之助に
がっかり気味にうなずく弥太郎(~□~;)

「ま~あ・・・弥之助はおるけんど・・・アハハ・・ハハ」
と苦笑いの弥太郎 (~□~|||)

台所で藁を束ねる母の美和を見て
「お母やんもおるけんど~ アハハハ・・・ハハ」
と笑顔をつくろう弥太郎 (~□~|||)


「いや、この格好は窮屈でいかんっ」
と髪を整え綺麗な着物を着た父の野次郎が部屋へ入ってきた ( ̄o ̄)

「この家も落ち着かんの」
とうちわをパタパタさせながらサラッっと言う野次郎 ( ̄皿 ̄)

「いや~落ち着かん、落ち着かん、空気が綺麗じゃきの~アハハハッ
 って何がじゃー!」と叫ぶ弥太郎( ̄■ ̄)


「ほんなら出て行きやあー!
 どーいておまんら~が付いてくるがぜえー!」と弥太郎 (ノ`△´)ノ

「わ~し~は~この家がええっ」と呑気に言う野次郎ヽ(  ̄д ̄;)ノ

「これやったら今までと何ちゃあ変わらんがぜよ~」と弥太郎( ̄□ ̄;)


突然、ブウゥ~っと屁をこく野次郎(゚Д゚;

「わしの新居で屁をこくなあぁー」と怒鳴る弥太郎 ( ̄▽ |||)


(^0^)/ クリックしてね~
龍馬伝ランキング にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

龍馬伝 第30回 「龍馬の秘策」あらすじへ→
第31回 「西郷はまだか」感想へ→

| 龍馬伝 レビュー | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。