龍馬伝 あらすじと感想

大河ドラマ「龍馬伝」のあらすじ、感想、視聴率をまためました。 主演の龍馬役の福山雅治さんや広末涼子さんなど他の出演者たちの情報・エピソードをまとめた龍馬伝レビューブログです。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

龍馬伝 第8回 感想

せっかく江戸に行けたのにかわいそうな弥太郎ですねぇ(^_^;
土佐に戻るシーンの弥太郎の早回しが可愛いかったです!

家に着いた時に血が滲んでいる裸足の足を見た時は
胸が詰まるような思いになりました。

それにしても龍馬はほんとに友達思いですね~。
弥太郎も同じように自分のことを思ってくれてるならまだしも
いつもうっとおしがられているのにあそこまで世話を焼けるってスゴイです。

しかし東洋は怖い!普通のドラマだったら訴えを聞いてくれて
正義は勝つ!ってなるんでしょうが、そうはいかなかったですね。

有能な自分は何をしてもいい!って酷いってドラマを見て思うけど
現実はやっぱりそーゆーことたくさんあるなって思いました。

昔も今も同じですね。でもそんな中で龍馬のような生き方が出来るって
難しいけど素晴らしいですね。


今回の見所は龍馬と加尾のラブ?シーンでしょうか?!

偶然を装って加尾に会いに行く龍馬。
一緒に町を歩いていると饅頭屋の長次郎に会う。
そこで龍馬の江戸行きを聞かせれた加尾は顔色を変えて一人で行ってしまう。

加尾をみかけると逃げる加尾。追いかける龍馬。
江戸行きを隠すつもりはなかったと言い訳する。

加尾

「私が弥太郎さんに弟子入りしたがは、ほんとは学問がしたかっただけじゃないぞね」

「へぇっ?」

「龍馬さんにおいてけぼりにされとうなかったき
 けんど龍馬さんはやっぱり遠くへ行ってしまうがか」

「そんなことはない。そんなことはないぜよ加尾」

「私はもうどうしたらええがか分からんっ!」と涙を浮かべる加尾。

「なっ加尾。わしは今も変わらずおまんのことが好きじゃ。
 けんどわしはまだ何者にもなっちょらん。
 ちっくと待ってくれ加尾。その時がきたらわしは必ず、必ずおまんを迎えに行くき!」

「ほんと?」わずかに微笑む加尾。

「わしは嘘は言わん」

「わかった」笑顔になる加尾。

龍馬

あ~嘘ついた~(*_*) 知~らないっ(→o←;;;
まあこの時点では佐那のことを女性としては見ていなかったし、
お龍さんとも出逢ってなかったから仕方ないですね~。

でもちゃんと加尾の気持ちを受け止めてあげた龍馬は男らしいと思います。
果たされることはない約束だとしても、今の気持ちをとっても大切にしているから
とっても加尾は幸せですよね。

できれば加尾のことをギュッと抱きしめてあげてほしかったですね~ @^_^@)
あっ!そんなことしたら福山雅治さんのファンが (キ`д´)?!


(^0^)/ クリックしてね~
龍馬伝ランキング にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ

龍馬伝 第8回 「弥太郎の涙」あらすじへ→
第9回 「命の値段」感想へ→

| 龍馬伝 レビュー | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。