龍馬伝 あらすじと感想

大河ドラマ「龍馬伝」のあらすじ、感想、視聴率をまためました。 主演の龍馬役の福山雅治さんや広末涼子さんなど他の出演者たちの情報・エピソードをまとめた龍馬伝レビューブログです。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

龍馬伝 第1回 感想

福山雅治さん主演の龍馬伝が始まりましたね~。

大河ドラマは今まで見たことなかったんだけど
私の大好きな坂本龍馬ってだけで、かなり興味があったんだけど

更に福山雅治さんが主演となったら、これは見るしかない!

でも実際の坂本龍馬って、ぶさいくなだけに
福山雅治さんはちょっとカッコ良すぎなんだけどね~

今までも龍馬の役は色々な俳優さんが演じてきただけに
福山雅治さんもそうとうなプレッシャーだったみたいですね。

私は歴史には全く詳しくないので、登場人物の名前が
ほとんど分からないのよね~。

さすがにお龍さんとか、岡田以蔵とか名前だけは知ってるんでけど・・・
せっかくこのブログを立ち上げたから龍馬に関わる
歴史上の人物像も調べてみようかな。

このドラマの始まりがまず、偉くなった岩崎弥太郎のシーンからで
回想シーンとして弥太郎の視点からの話になっているところが
面白くしていると思います。

龍馬って、始めは知られていなかったんですね~。

第一回目は、子供の頃の龍馬が出てきますが、
龍馬っって天然パーマっだったのかな?
昔の人も天パーってあったのかな?

濱田龍臣 画像border=


岩崎弥太郎役の香川照之さんがほんとスゴイ!
演技が上手いといえばそうなんだけど、

ほんと、気持ち悪い!けどいい味出してますね~。
弥太郎のシーンが笑えて面白い!

弥太郎

背中に背負ってる鳥カゴ多すぎ(笑)
弥太郎と鳥かご 画像


弥太郎が熱心に通っている岡本寧浦(ベンガル)とのやりとりが笑えた!
岡本寧浦が熱心な弥太郎を呼んで

「今日からこの塾の塾頭にならんか」とのお言葉に

きったない格好をした弥太郎が鳥カゴを置いて正座して改まった弥太郎が
「先生の跡継ぎは私、岩崎弥太郎しかございません!」

って大きな声ではりきって言ったら、しばらく沈黙の時間が流れ

「おまんに跡継がせるって誰がゆうた」

ってあっさりかわされたシーンは笑えます。

あと笑えたシーンは

密かに恋心を寄せていた平井加尾(広末涼子)が
茶店でお茶を飲んでいるところを見かけた弥太郎が

背負っている鳥カゴを置いて、さりげなく加尾の隣に座る。

弥太郎と加尾


「岩崎様?」気付いた加尾が声を掛けると、

「そうじゃけんど」とわざとらしいそぶりをする。

「私、平井収二郎の妹の加尾でございます。
 先日、岩崎様に助けていただいた」

「あ~鼻緒を切って往生しとった!」としらこい弥太郎。

「はい」とニッコリ笑顔の加尾。
「あの後も時々お見かけしたがけんど、
 いっつもお忙しそうに通り過ぎられて」

「ワシもおまんを見かけたことはあったけど」

「声をお掛け下さったらよかったのに」

「いや、それほどでも」と湯のみを持つがあまりにも熱過ぎて

「熱っつ!熱っつ!熱っつ!熱っちゃちゃ、熱っつ!熱過ぎるんじゃ!」
と湯のみの口をつまんで戻すシーンはほんと笑えます。

そして、龍馬のことを心配する加尾に弥太郎は嫉妬する。

毎回、弥太郎のまぬけなシーンがあった方が面白いのにな~。

ところで、福山雅治の土佐弁はどうなのかしら?
土佐弁には詳しくないからよく分からないけど
なんかちょっと違うような?!


(^0^)/ クリックしてね~
龍馬伝ランキング にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ


第1回 「上士と下士」あらすじ[幼少期]へ→
第1回 「上士と下士」あらすじ[青年期]へ→
龍馬伝 第2回 「大器晩成?」感想へ→

| 龍馬伝 レビュー | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。